がん保険と医療保険の違いとは?

生命保険に入っていて、特約としてがんに対しても補償されているので、特に「がん保険」に入る必要はないと考えている人は多いでしょう。
しかし、がん保険という言葉はテレビなどでもよく耳にするし、ダイレクトメールなどで送られてきたときには、気になったりするということもあると思います。

ふつうの医療保険との違いは医療機関でがんだと診断され、検査などして病名が「がん」だと分かったときに、まず診断給付金が給付されることです。
さらに、がんによる入院や手術、死亡したときにも給付金や保険金が受取れるシステムになっているものです。

日数制限に関しても大きな違いがあります。
まず、医療保険には1回の入院につき、日数制限があります。ところが、がん保険には入院日数に制限がありません。
その特徴を持っている理由としては、がんが再発の可能性があり、入退院を繰り返す事が多い病気ともいえますので医療保険だけでは保障しきれない、足りないという面を補ってくれる保険と考えて良いでしょう。

以前の保険であれば病気や怪我を補償してくれる保険に、特約としてがんに対する補償が付いてくるというものがメジャーでした。
しかしがんの罹患率が高まっていることを考えると、「がん」をメインに補償してくれる保険に入り、そして特約として様々な病気やケガに備えることができる医療保険を見直してみる必要があるのかもしれません。愛媛県行ってみない?